基本的にトランシーバーからはI2Cを経由して情報を読み込み、機器がその情報をもとに動作しますが。オプションとして、トランシーバーに情報を書き込みその動作を変更する機能があります。その多くは揮発性領域であり、電源が切れると失われる情報です。

SW RESET

A2h page128-247 / A0h Page 02h 128-247

比揮発性領域、"User Writable Memory"つまりユーザーが何に使っても良い。多くのベンダー純正品はこの領域に独自の製品管理コードCLEIなどを格納している。

ある通信事業者はこの領域に稼働実績や通電時間を記録しているとの噂。

波長多重の波長を設定する

C band DWDM対応の光トランシーバーには、機器側から運用中に波長を指定する場合と。運用前に波長を指定して機器では通常の固定波長と同様品として運用する場合があります。

SFF-8690 Tunable SFP+ Memory Map for ITU Frequencies

SFF-8636 page 20h 200 Parameter Configuration Registers

マルチレートの指定

SFF-8636 page 00h 87,88

2.2Gb以下/6.6Gb以下/12Gb以下/24Gb以下/26Gb以下/26Gb以上

アラーム温度を再設定する

temperature

 Module temperature high alarm threshold   : 80.00 degrees C / 176.00 degrees F
 Module temperature low alarm threshold    : -10.00 degrees C / 14.00 degrees F
 Module temperature high warning threshold : 75.00 degrees C / 167.00 degrees F
 Module temperature low warning threshold  : -5.00 degrees C / 23.00 degrees F

Table 6-27 Free Side Device and Channel Thresholds (Page 03h Bytes 128-223)

128-129 : Temp High Alarm

http://www.mellanox.com/related-docs/prod_management_software/MLNX-OS_ETH_v3_6_3508_UM.pdf

P616

EdgeOSの場合だとsnmp trapの設定が可能で。

transceiver-threshold current

transceiver-threshold temperature

transceiver-threshold rx-power

transceiver-threshold tx-power

transceiver-threshold voltage

Console#show interfaces transceiver-threshold ethernet 1/25
Information of Eth 1/25
DDM Thresholds
Low Alarm Low Warning High Warning High Alarm
----------- ------------ ------------ ------------ ------------
Temperature(Celsius) -123.00 0.00 70.00 75.00
Voltage(Volts) 3.10 3.15 3.45 3.50
Current(mA) 6.00 7.00 90.00 100.00
TxPower(dBm) -12.00 -11.50 -9.50 -9.00
RxPower(dBm) -21.50 -21.00 -3.50 -3.00

この機能を実現するためには、トランシーバー側からのイベント信号が必要であり。SFF-8636にてoptionalとなっているpage 03に対応するレジスタがある。

page 03 128-175 read only, VCC and temp

page 03 176-223 read only, each  ch TX,RS powr and bias

are? read only ?

writeが出来るのはpage 20h 200-247 Parameter Configuration Registers

page 21h 128-255 Threshold Registers

Rate Select and Configuration for Multi-rate Modules

  • Enable/Disable (bypass) Tx and Rx CDRs 12
  • Enable/Disable/Adjust Tx input equalizers and set fixed or adaptive modes of operation 13
  • Enable/Disable/Adjust Rx output emphasis and Rx output amplitude 14
  • Adjust the bandwidth and/or gain of internal components

SFF-8079 Specification for SFP Rate and Application Selection

 

保護領域とパスワード

トランシーバーの種別や製品番号、シリアルなど工場出荷時に書き込まれる情報はパスワードによって保護されています。

パスワード領域はSFP(SFF-8472)ではA0h page 00 byte 0x7b,0x7c,0x7d,0x7e。QSFP28(SFF-8636)はA1h page 00  0x7b,0x7c,0x7d,0x7eでありここにパスワードを書き込んだ後に書き込みを行うと更新できる。

Links

https://xmms.jp/confluence/display/INFLA/Hack+the+SFP

https://github.com/ibreakifix/sfp-testing

https://github.com/l3akage/sfp


コメント欄を読み込み中