既に出荷している、BCM56990と同じファブリック容量のTomahawk4シリーズのバリエーションとして、56Gではなく112G SerDesインターフェースのBCM56996が発表されました。800Gbps ethernet対応製品とアナウンスされています。

BCM56996: 25.6-Tb/s StrataXGS® Tomahawk® 4 Ethernet Switch Series with 100G I/O's

  BCM56990 BCM56996
ファブリック容量 25.6Tbps 25.6Tbps
インターフェース構成 56G SerDes x 512 112G SerDes x 256
ethernet構成例 64 x 400GbE 32 x 800GbE

QSFP112-DD(QSFP-DD800)パッケージのトランシーバーにより800GBASE-SR8/DR8等の構成が考えられます。

OFC2022でアナウンスされたトランシーバー

  QSFP-DD800 OSFP112
Source Photonics DR8, 2x400G-FR4 DR8, 2x400G-FR4
     

 

400G対応プラガマブルトランシーバーの呼称

  QSFP28 QSFP112 QSFP56-DD QSFP112-DD
呼称     QSFP-DD QSFP-DD800
最大消費電力 5.0W 14.0W 17.0 W 24.0 W
LANE構成 28G x 4 112G x 4 56G x 8 112G x 8

OSFP

  OSFP OSFP112 OSFP-XD
呼称 400G-OSFP 800G-OSFP  
最大消費電力 20W 30 W 30 W?
LANE構成   112G x 8  112 x 16

 


コメント欄を読み込み中