互換性の問題

  1. 仕様上の問題
    1. 機械的仕様、寸法など
      SFF-8432, 8661で規定されており実用上問題ない
    2. 電気的仕様
      SFF-8431, 8679で規定されており実用上問題ない。トランシーバーを刺したことにより電気的に障害を与える可能性は極めて低い。
    3. ソフトウェア的仕様
      SFF-8436で規定されている40G/100Gは実用上問題は少ない。10GはSFF-8431に規定されているが実装されていない製品があるために注意を要する。1Gに関しては明確な規定がないために実装依存となる。
    4. 通信規格
      IEEEで策定されていない規格(MSA)が存在する、その場合は対向で同じ製品を使用することを推奨します。
  2. 制限機能の問題
    対象機器側で明示的に制限を行っている場合。所得出来るベンダー名等で制限をかけけている場合がある。ソフトウェア的な処理の為機器のソフトウェアのバージョンの違い、もしくはコマンドによって環境が変化する。
    cisco Catalyst 3850 + SFPでの緩和技術
  3. 障害切り分け
    ベンダーによっては純正以外の製品が使われている場合、障害レポートを受け付けてくれない可能性があります。そのために、障害時には純正品に差し替えて再度障害を再現しレポートを作成する必要があるでしょう。
    パロアルト ネットワークスのサポートポリシー

 

IEEEで策定されていない通信規格

  IEEE802 MSA
40G LR4,ER4,SR4 PLR4,PSM4,SR-BD,
100G LR4,ER4, SR4 PSM4,CWDM4,4WDM

SNIA SFF Technology Affiliate

name Solution per lane base electrical common management formfactor connector single cage ganged cage
SFP   1G INF-8074          
SFP+ SFF-8083 10G SFF-8431 SFF-8431     SFF-8432 SFF-8433
  SFF-8081 16G SFF-8431 SFF-8431     SFF-8432 SFF-8433
  SFF-8402 28G SFF-8431       SFF-8432 SFF-8433
QSFP MSA   SFF-8438          
QSFP+ SFF-8436 10G SFF-8436 SFF-8436   SFF-8436 SFF-8436  
QSFP+10 SFF-8435 10G SFF-8679 SFF-8436 SFF-8661 SFF-8682 SFF-8683  
QSFP+14 SFF-8685 14G SFF-8679 SFF-8436 SFF-8661 SFF-8682 SFF-8683  
QSFP+28 SFF-8665 28G SFF-8679 SFF-8436 SFF-8661 SFF-8672 SFF-8683  

検証実績

  25G SR 40G SR4 40G AOC 100G CWDM4 100G 4WDM 100G AOC
cisco Catalyst3850            
cisco Nexus 3232C            
cisco Nexus 9236C      
cisco Nexus 9300(9372)            
cisco NCS 5500            
Juniper MX240        
Juniper QFX10000            
Aristra   × × × × ×
HUAWEI NE9000            
HPE            
DELL S4048(OcNOS)          
DELL Z9100            
Agema AG9032          
DELTA AG7632            
AlaxalA AX3660S     × ×  
Mellanox NIC Connect X 5+Linux      
Intel NIC            
Qlogic NIC            
Palo Alto PA-5260      
BIG-IP            
             

×:利用不可、〇:認識確認、◎:負荷試験済、空欄は未実施

40G AOCは40GBASE-SR4として、100G AOCは100GBASE-SR4として認識されます。

対向接続テスト

Juniper QFX 10002 : 15.1X53-D65.3

Arista 7060CX : 4.15.3FX-7060X.1

EdgeCore AS7712 : EdgeOS  1.2.176.164

100G LR4 : WST-QS28-LR4-C
100G 4WDM : WST-QS28-4ML-C
100G CWDM4 : WST-QS28-CM4-C
100G CWDM4-OCP : WST-QS28-CM4P-D
  QFX 7060CX AS7712
QFX LR4      
4WDM   NG,auto-auto
NG,auto-auto
OK,auto-config(RS)
CWDM4   NG,auto-auto
NG,auto-auto
OK,auto-config(RS)
OCP   NG,auto-auto
NG,auto-auto
OK,auto-config(RS)
AOC   NG,auto-auto
NG,auto-auto
NG,auto-config(RS)
OK,auto-config(none)
7060CX LR4 NA    
4WDM  
NG,auto-auto
NG,auto-config(RS)

OK,auto-config(none)

CWDM4  
NG,auto-auto
NG,auto-config(RS)

OK,auto-config(none)

OCP  
NG,auto-auto
NG,auto-config(RS)

OK,auto-config(none)

AOC   NG,auto-config(none)
AS7712 LR4 NA NA
OK, auto(RS)
OK, config(RS)
OK, config(none)
NG, config<->auto
NG, config(RS)<->config(none)
4WDM OK, auto(RS)
CWDM4 OK, auto(RS)
OCP
OK, auto(RS)
OK, config(RS)
OK, config(none)
NG, config<->auto
AOC OK, auto(RS)
config(RS): 明示的にRS-FECを設定
config(none):明示的にFECをdisable設定
auto(RS): autonego有効(デフォルト)、RS-FECでリンク
auto(none): autonego有効(デフォルト)、FEC無しでリンク
NG : リンクアップせず
flap : リンクが上がったり落ちたりを繰り返す