Our Expertise

オープン
機敏
運用

40G/100G

高画質の動画などにより扱うコンテンツの大容量化と利用するユーザー増加の二つの要素によってネットワークに要求される回線容量は増大しています。これに答えるために、40Gもしくは100Gの回線を多用するインフラ構築が急務です。

光伝送技術

光ファイバーによるイーサネットは旧来は長距離の特殊な分野でした。しかし、高速化する容量を実現するにはもはや短距離であってもメタルケーブルでは対応できません。光ファイバーの扱いには新しい技術が必要となりますがそれらを積極的に取り入れることにより将来を見据えたインフラ構築が可能になります。

ホワイトボックススイッチ

大容量のトラフィックを賢く捌くには柔軟性の高いイーサネット交換機が必要です。広帯域のファブリックを備えたシリコンチップと高性能なコントローラを備え、その上で動作するソフトウェアを自由に選択もしくは構築できるホワイトボックススイッチはこれからのネットワーク機器の標準です。

光ファイバー、光トランシーバー、ホワイトボックス。この三つをトータルで提供することにより40G/100Gを利用するハードウェアソリューションが整うのです。

パートナーシップ

標準規格に準拠しているとは言え、実際の運用では様々な問題が発生します。弊社ではオープンなシステム構築のリスクを低減するためにネットワークOSベンダーを初め様々なベンダーとのパートナーシップにより製品技術の熟成に努めます。

運用重視

ITサービスに費用を支払っているユーザーは、インフラ機器を購入して頂く通信事業者の先に居ます。ユーザーに納得して費用を支払って頂くためにはサービスとしての品質が重要であり、それを実現するのは運用技術です。

我々は常に、実際の運用での問題点を意識しソリューションの提案を行っていきます。


WaveSplitterのトランシーバー製品のラインナップ
光ファイバーケーブル製品のラインナップ
Edge-Core networksのホワイトボックススイッチのラインナップ