Interop Tokyo 2017 ShowNet

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
Client: interop tokyo
Task:
Skills:
未来を語る実証ネットワーク。ShowNet

今年もInterop Tokyoの季節がやってきました。毎年、ネットワーク関連の有力研究者と各ベンダーの技術者が年末の11月頃から半年以上の時間を費やして議論してきた成果が試されます。

WaveSplitter Japanは正式な設立が6月であるため今年は準備段階には参加できず、最終デザインの際に追加で加わらせて頂きました。残念ながら今年の貢献度は低いのですが来年に向けての準備と今年は位置づけております。

製品のデータシートやプレゼンでは判らない、新しい技術や運用スタイル。理想とは何かそれに向かっての挑戦。是非、幕張までお足をお運びください。

2017年のShowNetでは100Gが100 port以上も使われており、100Gが主流となってる事がわかります。WaveSplitterでは10G/40G/100GのAOCケーブルをコントリビューションしトランシーバーコストの抑制と安定した相互接続性に貢献しています。


shownet-aoc.JPG