米国の学術インターネットのバックボーンである「Innernet2」の多くの区間が既に400Gbps化して運用されています。2021年の3月から徐々に設置され、5月の段階では主要区間の400Gbps化が終了している模様です。

経路制御的にも8月頃からメインのパスとして運用している様子。

https://internet2.edu/internet2-next-generation-infrastructure-update-testing-underway-network-successfully-carries-400-gbps-of-traffic-coast-to-coast/

EDU系のサイトにtracerouteすると。"fourhundredge"の逆引き名がつけられたインターフェスが多数確認できます。

 17   175 ms   174 ms   170 ms  fourhundredge-0-0-0-3.4079.core2.sunn.net.internet2.edu [163.253.2.47]
 18   169 ms   168 ms   169 ms  fourhundredge-0-0-0-1.4079.core2.sacr.net.internet2.edu [163.253.1.190]
 19     *      177 ms     *     fourhundredge-0-0-0-1.4079.core2.salt.net.internet2.edu [163.253.1.187]
 20   183 ms   180 ms   184 ms  fourhundredge-0-0-0-23.4079.core1.salt.net.internet2.edu [163.253.1.32]
 21   176 ms   182 ms   171 ms  fourhundredge-0-0-0-0.4079.core1.denv.net.internet2.edu [163.253.1.170]
 22   172 ms   169 ms   174 ms  fourhundredge-0-0-0-0.4079.core1.kans.net.internet2.edu [163.253.1.243]
 23   181 ms   185 ms   179 ms  fourhundredge-0-0-0-3.4079.core2.chic.net.internet2.edu [163.253.1.244]
 24   170 ms   169 ms   170 ms  fourhundredge-0-0-0-3.4079.core2.eqch.net.internet2.edu [163.253.2.19]
 25   170 ms   169 ms   168 ms  fourhundredge-0-0-0-0.4079.core2.clev.net.internet2.edu [163.253.2.16]
 26   185 ms   183 ms     *     fourhundredge-0-0-0-3.4079.core2.ashb.net.internet2.edu [163.253.1.138]
 27   175 ms   177 ms   178 ms  fourhundredge-0-0-0-1.4079.core1.phil.net.internet2.edu [163.253.1.137]

機器構成はcisco 8201をコアルータとし、400G AOC経由でcienaの伝送装置に接続されています。おそらくコアルータと伝送装置は隣接されたラックに設置されているのでAOCがコスト的にも運用的にも安定している選択でしょう。

400ZRが話題ですが、伝送装置経由の構成が現状では堅実でしょう。

日本国内では伝送装置間では400Gbps相当が既に運用されていますが、ノード間の400G bps ethernetの長距離接続はまだ耳にしていません。2022年には長距離の400Gbpsリンクが続々構築されるのでしょうか。


コメント欄を読み込み中