open系のNOSの中でも最近注目を集めているのがSONiCです。MS/Azureの強力なサポートに加えて、コミュニティでの機能実装も盛んであり。2019年3月のOCP summitで発表された再起動してもデータ転送が中断しない「warm boot」cisco用語でいう所のNSF(NonStop Fowarding)を実現した事が大きいと考えています。

https://www.youtube.com/watch?v=TjD7PEB3jvg

そのSONiCがbreakout接続。100G/QSFP28を論理的に4本の25G回線もしくは40G/QSFP+を4本の10G回線。さらなるオプションとして100Gを2本の50Gにする設定が出来ないという話を耳にしたので調べてみました。

下記のlinkに設定方法が記述されています。"port split"とも表現しており起動時のに指定可能。

port_config.ini

の記述を変更すれば可能となっています。

https://github.com/Azure/SONiC/wiki/How-to-breakout-a-port

実際にCavium搭載のEdgeCore AS7512で設定してみましょう。

wavesplitterの製品で50G対応のものがありませんので50Gx2のbreakoutは試せません。

Breakoutの制限

cumulus linuxのマニュアルには

You cannot have more than 128 total logical ports on a Broadcom switch.

 

Mellanox Logical Port Limits and Breakout Configurations
The Mellanox SN2700, SN2700B, SN2410 and SN2410B switches all have a limit of 64 logical ports in total. However, if you want to break out to 4x25G or 4x10G, you must configure the logical ports as follows:
  • You can only break out odd-numbered ports into 4 logical ports.
  • You must disable the next even-numbered port.
These restrictions do not apply to a 2x50G breakout configuration.
 
またmellanoxのcommunity情報に同様に64ポートの制限が書かれています

コメント欄を読み込み中