確かに遅延は発生するのですがnsのオーダーでありケーブルの長さによる遅延と同等。スループットに全く影響がないとは言えないが積極的にOFFにする価値があるとは思えない。

10G-TにおけるLDPC FECの遅延の問題と混同しての議論の様にも思える。

  latency input BER gain
Clause 91 RS-FEC 51ns 1e-5 5db
Clause 74 KR-FEC 82ns 1e-8  
LDPC(10GBASE-T) 2.6μs 1e-4 8db
infiniband EDR switchの遅延 90ns    
100G ethernet switchの遅延 300ns-800ns    
100G ethernetで1500byte frameが運ばれる時間 120ns    
光が100m進む時間 500ns 秒速約20万km  

 

100G SR4

  • Maximum link length of 30m on OM3 and 40m on OM4 without host FEC
  • Maximum link length of 50m on OM3 and 70m on OM4 with host Clause 74 (Firecode) FEC
  • Maximum link length of 70m on OM3 and 100m on OM4 with host Clause 91 (RS) FEC

100G CWDM4-OCP

FECを使わない場合の想定接続距離の差は大きい。パッチパネル経由500mを想定している100G CWDM4-OCPをパッチパネル経由せず直接接続した場合はFEC OFFでも500mいけそう?そもそもケーブル長のロスではなくコネクタロスが支配的。

   
margin 3.5dB
LC connection loss 0.2dB / points
SMF 1310nm loss 0.4dB/km
TX OMA min -4.0 dBm
BER 5x-10^5 -10dBm

100G ER4lite

Receiver Sensitivity (OMA), each Lane(BER = 5x10-5)    -18.5  dBm
Receiver Sensitivity (OMA), each Lane(BER = 1x10-12)  -15 dBm
0.4dB x 40km 16 dB
16dB + -18.5 dB -2.5dBm
12dB + -15 dBm -3.0dBm

APD ROSAの実力値

http://www.ieee802.org/3/ca/public/meeting_archive/2016/09/pan_3ca_1_0916.pdf

ethernetの使用上のBER要求値は10のマイナス12乗

 


コメント欄を読み込み中