2019年12月9日 Tomahawk4発表

512 x 25G BAUD PAM4 SerDeS。25.6T

256 x 100GE or 64 port 400GE

2019年6月11日 Trident 4 BCM56880発表

Trident3のプログラミング機能は限定的だがTrident4はNPL(Network Programming Language)でJericho2と共通にユーザーがプログラミングできるとのこと。

https://nplang.org/

Trident3

2017年6月に発表されたtrident 3、trident 2+の後継と言うよりは。Cavium XPliant等が特徴としているプログラマビリティとテレメトリー機能を特徴としているようです。

従来の流れだと、2017年年末にはこのチップを使用した製品が発表されるでしょう。Edgecore AS7726 and AS7326がTrident 3搭載 (2019/04/03追記)

 

 
trident 2+
BCM56860
trident 3
BCM56870
trident 3
BCM56873
trident4
BCM56880
ファブリック容量 1.28Tbps 3.2Tbps 2.0T 12.8T
SerDes   128x 25G   256 x 56G
port構成
40G x 32
10G x 48 X 40G x 6
100Gx32
25G x 48 + 100G x 8
10G x 48 + 100G x 6 400Gx32
host CPU interface   PCIe Gen3 x4 PCIe Gen3 x4  
buffer 12MB 32MB 32MB  
IPv4 table 64K   16K-168K  
IPv6 table 20K   8K-100K  

trident 3ファミリーには上記の他にも200Gと小容量の物も用意され、wifiのアクセスポイントなどをターゲットにしているようです。

cumulusのドキュメントによるとフィルターの数などはtrident2+と3は差が無いようです。(2019/04/03追記)

https://docs.cumulusnetworks.com/display/DOCS/Netfilter+-+ACLs

経路数も差が無し

https://docs.cumulusnetworks.com/display/DOCS/Routing

broadcom-trident-3-series.jpg

これからはプログラマブルなシリコンが一般的になるでしょう。

overlay / encap

PPPoE, QUIC,VXLAN-GPE,Geneve, ILA

VXLAN GPE(Generic Protocol Extension)

eternet以外をカプセル化するフォーマット。ダイレクトにIPv4,IPv6とか

NSH(Network Service Header)

programmable pipeline

five stage、ファブリックの前に三段、後に二段。

telemetry

https://youtu.be/Wp9wtS-e1QU

Tomahawk® 2/3/4

  Tomahawk  Tomahawk2 Tomahawk3 Tomahawk4
  BCM56960 BCM56970
BCM56980
BCM56982
BCM56990
capacity 3.2T 6.4T 12.8T 25.6T
typical config 100G x 32 100G x 64 400G x 32 400Gx64
host CPU interface Gen2 x4   PCIe Gen3 x4  
packet buffer 85 MB      
SERDES 128 x 25Gbps 256 x 25Gbps 256 x 56G-PAM4 512 x 56G-PAM4
         
process 28nm 16nm 16nm 7nm
annaunce 2014/09/24 2016/10/11 2017/12/19 2019/12/09

Mellanox Spectrum-2

2017/07/07アナウンス

400G x 16 port

http://ir.mellanox.com/releasedetail.cfm?ReleaseID=1032283

CAVIUM XPliant

    capacity SERDES   release
XP80 CNX880XX 3.2Tbps 25G x n 28nm 2014/09
XP60 CNX680XX 720Gbps 10G x n 28nm 2017/07
XP70 CNX700XX 1.4Tbps 25G x n 28nm 2017/07

XP70はDELL SonicWALLに使われている?

XP80(CNX88091)はEdgeCore AS7512に搭載されている

XP80(CNX88091)はWedge 100Cに搭載されている

XP80はArista 7160に搭載されている

MARVELL

2017年11月 CAVIUMを買収

Barefoot Networks Tofino™ 2

2018/12/04

12.8 Tb/s in 7nm process

https://www.barefootnetworks.com/press-releases/barefoot-networks-unveils-tofino-2-the-next-generation-of-the-worlds-first-fully-p4-programmable-network-switch-asics/

Nephos

台湾Media Tekからのスピンアウト

  ARIES MT3257 NP8366 Taurus NP8369
ファブリック容量 720G 2.4T 6.4T
SerDes構成 10G x 72 25Gx80 25G x256
バッファー 12M shared    
MAC table 256K    
IPv4 table 96K    
IPv6 table 56K    
半導体プロセス 28nm    

EdgeCore AS5512はMT3257搭載

Cisco silicon one Q100

https://www.cisco.com/c/en/us/solutions/service-provider/innovation/silicon-one.html

10.8Tbs

一覧

SerDes Trident Tomahawk Spectrum XPliant innovium tofino nephos
10x128 trident2+     XP60      
28Gx128 trident3 tomahawk   XP70 IVM55300/IVM77310 tofino NP8367
28Gx256   tomahawk2   XP80 IVM77500   NP8369
56Gx128     MT53132   IVM55610/IVM77510 tofino2  
56Gx256 trident4 tomahawk3     IVM77700    
56Gx512   tomahawk4          
112Gx128   CY2020?          
112Gx256              

ファブリック容量重視とエッジの高機能タイプ、L3機能重視型など分かれるので容量だけでは単純比較できない。


コメント欄を読み込み中