budget  
1G BX 1310/1490 12db 10km
1G 1310/1550    
1G 1490/1550 30db 120km
10G BiDi 1270/1330 21db 60km
40G BiDi MMF   100m

 

双方向が可能な波長の組み合わせ

分散の限界

10G NRZ以上では1270/1330の組み合わせしか使えない

減衰の限界

25G NRZ 1270/1330は出来そう

25G PAM4 1270/1330は出来そう

25G-O-band-2.png

25G NRZ x 4か25G PAM4 x 2しかない。

25G NRZ (1255/1260/1265/1270/1330/1335/1340/13459)か。 最大20km。

25G PAM4 (1260/1270/1330/1340)か。 最大20km。

25G PAM4 (1265/1270/1330/1335)か。 最大20km。

400G DR4の一本分、100G DR相当 50G PAM4を1270/1330はできそうだけど500mではBiDiの意味がない。

計算上は25G 16QAMで1270/1330であれば10km可能。

同一波長でのBiDi

1290-1330nm

http://www.optospan.com/bidi-box-fiber-converter/

10G LR(1310nm)では実績があるようだ。100G LR4でも使えれば一芯で100Gが可能。

直販価格で$1,595

https://www.sanspot.com/bidi-box-3-optical-link-converter

25G LR BiDi

OFC2018では何社かが、25G LR BiDiを展示して居ました。1270/1330nmの組み合わせで一芯双方向です。携帯の基地局へeCPRIフレームを運ぶことを想定して温度環境も-40から+85と環境性能の高く設定されて居ます。2018年中旬以降には実際の運用が行われるのでしょうか?


コメント欄を読み込み中