QSFP‐DD800 Specification Rev 1.0  

March 6, 2020

何故か、QSFP112-DDとは呼ばない

http://www.qsfp-dd800.com/wp-content/uploads/2020/03/QSFP-DD-800-Hardware-1p0-3-6-20%20FINAL.pdf

800GBASE-DR8

OFC2020で800GBASE-DR8が展示されていました。技術的には400G DR4を二段にしたものなのでシンプルなのですがIEEEの標準化では候補に上がっていない構成の様に思います。

800G Pluggable MSA

https://www.800gmsa.com/

2019年9月発足アナウンス。

パッケージとしてはQSFP112-DDとOSFP。伝送方式としては800G PSM8/PSM4/CWDM4を想定。

2020年末には仕様策定を予定。

LR/ER/ZRは対象外。

112G BAUD + PAM4で200Gbps/一波は可能としている。

COBOやco-packageについても触れているが、800Gの短距離に於いてはまだSFPタイプのプラガマブルが主流としている。

800GBASE-PSM8

100m

112G BAUD NRZ x 8芯、安いDMLでコスト狙い。gearboxも不要だし。

800GBASE-DR8

56G BAUD PAM4 500m仕様になるのであろう。100GBASE-FRを8本束ねたものなのでパッケージに収まりさえすれば伝送特性的にな障害はない。

800GBASE-PSM4

100m

200G BAUD NRZ x 4芯、DML+GEARBOX、現状のPSM4用SMF MPOの活用狙い。

800GBASE-CWDM4

500m/2Km

112G BAUD + PAM4 CWDM GRID、EMLかつPAM4とかなり意欲的な仕様。LC二芯なので使いやすそうだが実装は大変だろう。

一波200Gbpsを実現するためにPAM-6/PAM-8なども検討されている。

800GBASE-SR4.4

50G baud PAM4 8 lane MMF BiDi, 30m

400G SR4.2の変調速度を倍にしたもの。距離が30mとかなり短くなってしまう。

100GBASE-SR1.2

25G baud PAM4 2 lane MMF BiDi, 100m

400G SR4.2の方式でDUPLEX LCに分割したもの。breakout先としても適用。

800GBASE-SR8

50G baud PAM4 8 lane MMF 30m.

400G SR8の変調速度を倍にしたもの。

800GBASE-FR8/LR8

O band WWDM 50G baud PAM4 8lane.

800GAUI-8

50G baud PAM4 8 lane. QSFP112-DD.

 

 

消費電力

800G LR8で12W?

 

 

QSFP-DD800

http://www.qsfp-dd800.com/

112Gbps x 8 24W

 


コメント欄を読み込み中