400GE対応スイッチ

vender product QSFP28 QSFP56-DD OSFP CFP8
NOKIA 7950 XRS       6 / slot
NOKIA 7750 SR-e   12 / slot    
HUAWEI          
cisco Nexus 9316D-GX   16    
  Nexus 93600CD-GX 28 8    
  Nexus 3408-S   4 / slot    
  Nexus 3432D-S   32    
Juniper QFX10003        
  QFX5220        
ARISTA 7060PX4-32     32  
  7060DX4-32   32    
EdgeCore AS9716-32X   32    
DELL          

 

QSFP56-DDトランシーバーラインナップ

  AOC(SR8) SR8 SR16
SR4 BiDi
DR4 FR4 CWDM8 FR8 LR8
WaveSplitter            
cisco                
Juniper                  
ARISTA                  
NOKIA                  
HUAWEI                  

 

QSFP56-DDブレイクアウト

 
QSFP56-DD /
QSFP28 x 4
QSFP56-DD /
SFP56 x 8
QSFP56-DD/
DSFP56 x 4
WaveSplitter DR4/DR1    
       

 

OSFPトランシーバーラインナップ

  AOC SR8 FR8
WaveSplitter  
       

 

日本市場での400G光トランシーバーの需要予測

2018年末に続々各社から400Gイーサネット対応の機器が正式に発表され、2019年4月には設置及び稼働する機器があるでしょう。この時に選択されるトランシーバーは集約スイッチ間の接続と思われますのでビルを跨ぐダークファイバーで使用できる10km対応の400G LR8が主流と考えられます。消費電力が多めのLR8は当初はCFP8が必要と思われましたが2018年9月のECOC2018ではQSFP-DD/OSFPパッケージの製品のデモが数社で行われましたのでCFP8の出番は無いかもしれません。

需要としてはより長距離の接続が望まれていますが400G ZRは消費電力に余裕があるCFP8であっても2019年前半には市場に登場しないでしょう。よって長距離区間は100G x n構成が継続。

同時に、100Gのスイッチを400Gの集約スイッチに接続する場合に400G用のポートを100Gに減速設定して接続するのはもったいないので。400G DR4と100G DR1の組み合わせのブレイクアウト接続が使われるでしょう。QSFP-DDで500mまで対応できますのでラック列を束ねる配線には十分な距離です。ブレイクアウトとしてはSR16/SR4の構成も考えられますが配線距離が足りません。

ラック間などの短距離は国内では100Gもあまり導入されていませんので、10Gでラック間を接続して列の束ねる100Gスイッチに接続、そこから100G DR1でフロアを束ねる400Gまで引くモデルが考えられます。ポート数の比率としては10Gが沢山100Gと400Gが同数になります。

二重化構成等で400Gスイッチ間を隣接ラック間で接続するにはAOCが使われます。

この状況から変化するにはサーバーの接続が25G化する必要があり2019年後半に活発化すると予想しています。順序として25Gサーバーを100Gスイッチのブレイクアウト接続する構成がまず導入され、それを束ねるスイッチまで400G x n構成のラック間配線が必要になります。これには400G FR4が適しています。

    CY2018 CY2019 CY2020
拠点間 40km以上
伝送装置
10G x n
伝送装置
100G
伝送装置
100G
メトロ 10K-40Km 100G ER4 100G ER4 400G ZR(CFP8)
ビル間 2Km-10Km 100G LR4 400G LR8(CFP8) 400G LR8(QSFP-DD)
フロア間 100m-2Km 100G CWDM4 400G FR4 400G FR4
ラック列間 20m-500m 10G LR 400G DR4/100G DR 400G FR4
ラック間 5m-100m 10G SR 10G SR 100G AOC
ラック内 0.3m-5m 10G DAC 10G DAC 25G AOC

 

トランシーバーパッケージのおさらい

  帯域 lane構成 最大消費電力
SFP 1G 1G x 1  
SFP+ 10G 10G x 1  
SFP28 25G 28G x 1  
SFP56 50G 56G x 1  
DSFP56 100G 56G x 2 3W
QSFP 4G 1G x 4  
QSFP+ 40G 10G x 4  
QSFP28 100G 28G x 4 5W
QSFP56 200G 56G x 4  
QSFP56-DD 400G 56G x 8 14W
OSFP 400G 56G x 8  
CFP8 400G
25G x 16
50G x 8
24W

 


コメント欄を読み込み中