100Gは802.ctに400Gは802.cwに分離

一波100Gは長距離用で、400GはDCIと言う事でターゲットが異なる事から分離した模様。

100G DWDM IEEE802.3ctは2020年後半に仕様を固め2021年秋に標準化のスケジュール。

 

2017年11月のIEEE802.3にinphiから発表された資料があります

http://www.ieee802.org/3/B10K/public/17_11/lyubomirsky_b10k_01_1117.pdf

この中からFECの仕様比較の表だけ抜粋すると

FEC type KP4(RS544,514,15) Stairecase FEC Concantendated Hamming + Starcase FEC
overhead 5.8% 6.7% 14.8%
NCG(PAM4/16QAM) 6.9dB 9.76dB 10.8dB
FEC Thereshold(BER=1E-15) 2.3e-4 4.5e-3 1.25e-2
power P ~2.5*P ~3*P
Latency t ~100*t ~100*t

オーバーヘッドは15%と多めですがコードゲインが10dB、BERもE-2から持ち上げると言う素晴らしいものです。

消費電力は100G SR4などで使われている方式に対して三倍。遅延は100倍とちょっと遅延は多めですね。

75Ghz GRID

50GHz channel spacingでは収まらないので、100GHz GRIDだとC bandで48chしか取れない。75Ghz GRIDにして64ch確保しようという話。

 

Inphi COLORZ II(IN-Q3JZ1-TC)

2019年12月にサンプル出荷をアナウンス。最初に市場投入された400G ZRかな。

https://www.inphi.com/wp-content/uploads/2019/12/Inphi-COLORZ-II.-pdf.pdf

  • 400 Gbps with single optical carrier (60 Gbaud, 16QAM)
  • Fully C-band tunable
  • 75 GHz and 100 GHz DWDM wavelength spacing options for fiber capacity of up to 25.6 Tb/s per fiber

Acacia 400G ZR

http://ir.acacia-inc.com/news-releases/news-release-details/acacia-builds-upon-its-coherent-pluggable-leadership

OpenZR+

100-400Gbps multirate

openFEC

>120Km

 

400 ZRトランシーバーを実現するDSP

買収発表日   買収
2018/11/09 II-VI Finisar
2020/10/30 MARVELL inphi
2019/07/10 cisco ACACIA
2018/12/20 cisco Luxtera
2012/02/28 cisco Lightwire
  AVAGO/Broadcom  
  SOURCE PHOTONICS  
  NTT Electoronics  
2019/03/13 CIG Lumentum
  ciena  
2020/05/05 NOKIA Elenion

 


コメント欄を読み込み中