マルチモードファイバーで高速な伝送を実現するために、複数の芯数を必要とする伝送方式に対応するトランシーバーは多心の接続が可能なMPOコネクタを使用します。

40G/100G SR4は8芯を必要としますが、12芯の接続な可能なMPO-12を使い真ん中の4芯を使わない構成です。

現在では使われることがありませんが10芯のファイバーを必要とする100G SR10は、12芯二列の24芯対応のコネクタを使用しそのうち20芯を使っていました。

400G BASE SR16は32芯が必要になり、16芯二列の32芯対応のMPOコネクタとなりますが。実質使われることなく終わりそうです。

それでは、16芯必要な400G SR8はどうするのでしょう。

実は、OFC2019が開かれた2019年3月の段階では。MPO-16とMPO-24(2x12)両方の製品が存在します。

ARISTAの400Gトランシーバーのラインナップを見ると、OSFPパッケージでSR8が用意されていますがその場合のコネクタはMPO-16です。

https://www.arista.com/assets/data/pdf/Datasheets/Arista-400G_Optics_FAQ.pdf

弊社(wavesplitter)で用意するSR8トランシーバーはQSFP-DD/OSFP両方ともMPO-24(2x12)です。つまり、同じSR8なので伝送方式としては互換性がありますが、接続するコネクターが片側MPO-16反対側がMPO-24のケーブルが必要になります。

他社のQSFP-DDパッケージの400G SR8ではMPO-16の製品も存在します。二種類用意している所もあります。

  パッケージ PN コネクター
WaveSplitter QSFP-DD WS-QD4-SR8-C MPO-24
ARISTA OSFP OSFP-400G-SR8 MPO-16
cisco QSFP-DD    
Juniper QSFP-DD    
HUAWEI QSFP-DD    

 

100G SR10用ケーブルの流用

100G SR10も24芯MPOですが、使う芯のアサインが両端を使わない仕様ですので。SR10用のケーブルが20芯しか配線されていないのであれば流用はできません。しかし、24芯全部配線されているのであればSR8で使用できます。

光ファイバーの製品ラインナップで20芯の製品は少なく、普通は24芯なのでSR10用であっても24芯配線であることが多いと思われます。

ブレイクアウト対応

400G SR8をブレイクアウトして、100G-SRに。SR8側のコネクタでの芯の割り当てを分岐しやすいものにしたい。

IEEE 802.3cm

400G SR8はIEEE 802.3cmでも検討されています。802.3cmではMPO-12による8芯対応のSR4.2と並行して、SR8も検討されており。2018年5月の段階では両方式併記されています。

http://grouper.ieee.org/groups//802/3/cm/public/May18/swanson_3cm_01_0518.pdf

MPO-24の呼称

MPO 12 2 row、つまり12芯二列と表記しているドキュメントも見られる。

Links

ciscoトランシーバーラインナップ

https://www.cisco.com/c/en/us/support/interfaces-modules/transceiver-modules/products-device-support-tables-list.html


コメント欄を読み込み中