分散は大きいが減衰が少ないために長距離に向いているCバンド(1550nm)で光の波としての特性を利用するトランシーバー。DWDM MUX/DEMUXと組み合わせて利用されるのが一般的。

NRZのコストを1とするとPAM4は2くらいなのに対してACOは10、DCOは20くらいとコヒーレントになるとコストの桁が違う。パッケージも特にDSPを内蔵するDCOは大きめなのが必要。

2017年10月現在CFP2パッケージの製品が主力。

Edge-Core Networksの製品であればAS7812-24S(16 x QSFP28 + 8 x CFP2)が対応。

AS7812-24S.png

OIF-CFP2-ACO-01.0

信号処理の一部をトランシーバーモジュール内のDSPで行うか、外部で行うかでDCOとACOと名称が異なる。

Analog Coherent Optics (ACO) 

Digital Coherent Optics(DCO)

DCOの方がトランシーバーのコストは高いし消費電力も多い。機器側の対応が楽。

規格上定義されている変調フォーマットは以下の通り

  • 100G DP-QPSK (28G x 2 x 2)
  • DP-BPSK(2x1)
  • 150G DP-8QAM(2x3)
  • 200G DP-16QAM(2x4)
  • DP-32QAM(2x5)
  • DP-64QAM(2x6)

Baud Rateは16bitで 0.01GB単位

OFC2017では富士通オプティカルが64G x DP-64QAMにより600Gbpsを展示。

Technical Specifications of cisco ONS-CFP2-WDM

cisco製品ではNCS1002用にONS-CFP2-WDMが用意されており、GPLで$ 134,000。

modulation DP-QPSK DP-16QAM DP-16QAM  
line rate 100G 200G 250G  
BAUD 28G 28G 36G  
bit/symbol 4(2x2) 8(2x4) 8(2x4)  
  7% FEC 7% FEC 7% FEC  
         
         
TX max -1.5dBm      
TX min -10dBm      
RX max 0 dBm      
RX min -20 dBm      
  4,000Km 800Km 500Km  

 

通信機器の対応

     
cisco NCS1002 + ONS-CFP2-WDM ACO
Juniper TCFP2-100G-C ACO
Arista DCS-7500E-6CFPX-LC + CFPX-100G-DWDM ACO
Arista 7500R-8CFPX + CFPX-200G-DWDM ACO

 

主なベンダー

          出荷時期 price
FINISAR FTLC3321x3NL CFP2 ACO
100G DP-QPSK
150G DP-8QAM
200G DP-16QAM
13W   $50,000?
Fujitsu FIM38550 CFP2 ACO
100G DP-QPSK
200G DP-16QAM
12W 2016Q2  
Fujitsu FIM38X00 CFP DCO        
NEC   CFP2 ACO        
NEL            
Oclaro   CFP2 ACO        
Acacia   CFP2 ACO/DCO        
NeoPhotonics   CFP DCO        

 

従来方式とコヒーレントの違い

従来の光による通信方式は、光がオンかオフかで信号を判別していました。これに加えて強さで差を利用したのがPAM方式です。

コヒーレントは光を電波と同じ波として扱う方式です。それによって偏波面や位相を信号変化に使用することができます。電波では従来から確立している方式ですが同じことを光で行うには非常に高速な処理が必要です。

高速なDSPの登場により可能になった方式です。

例えばDP-QPSKは、偏波面で二倍(偏波多重)と4相位相変調の組み合わせで4倍の情報量を実現します。

DPとPMは同義

偏波多重(Dual Polarization:DP)

polarization-multiplexed differential Quadrature Phase Shift Keying (PM-QPSK)


コメント欄を読み込み中