10GBASE-SR 10GBASE-T 10GBASE CX(DAC)
Power 0.7W 3.5-5.0W 1.0W
長さ 300m 100m 7m
ケーブル LC-LC MMF Cat6A COAX
遅延(マイクロ秒) 0.1 2.6 0.3

(from IDF2010)

遅延

10GBASE-Tはエラー訂正(LDPC)を長いブロック単位(25.6Kbit)で処理を行うので、そのブロックの蓄積遅延がある。計算上は2.56マイクロ秒これに処理遅延が加わる。。TCPベースのアプリケーションであればあまり影響がない値だが多段になればこれが積み重なるため使用するとしても末端の最終段に留めた方が良い。また、UDPベースの遅延に敏感なアプリケーションではパフォーマンスの差が観測されることがある。

消費電力

LDPCの回路は消費電力でも不利。2007年にTeraneticsがデモした10GBASE-T NICは大きな冷却ファンを備えていた。多数のポート密度を備える機器では供給電力不足や放熱不足が生じる可能性がある。

また伝送距離によっても消費電力は変化し、CAT6Aでの最大長100mの時に最大電力となる。30m以下の時はモードが切り替わる。(short reach)

IEEEの 2003/11の10GBASE-T Tutorialによると、65nmプロセスの製品で6.2W程度が見積もられており、以後の主な製品の諸費電力は以下の通り。

vender PN process long/short
Teranetics TN1010 110nm?(2007年) 10.0W
Teranetics/PLX TN2022 2010年 5.7/4.0W
Aquantia AQ1001 110nm 10.0W
Aquantia AQ1002 90nm 6.0/4.5W
Aquantia AQ1103 40nm 3.5/2.0W
Aquantia AQ1202 40nm 3.5/2.0W
BROADCOM BCM84848 40nm  
Aquantia AQ2203 Dual 28nm 2.5/1.5W
Teraneticsは2010年9月にPLXに買収された
PLXは2014年6月にAvagoに買収された、つまりBROADCOM

LDPC(Low Density Parity Check)

強力なエラー訂正、WIMAXや衛星通信など幅広く使われている。計算量が符号長をnとすると2^nに比例する。

10GBASE-PHY

4 lanes x 833Mbaud x 3 bit/baud = 10Gbps

833M baudは帯域で450Mhz、1Gは128Mbaudで80Mhzなので5倍以上。エラー訂正が必要。


コメント欄を読み込み中